あなたにぴったりなペット用脱臭機・消臭剤を選ぼう!|部屋の広さ・コスト・メンテナンス性で比較|フクロモモンガ臭い対策

プラズィオンDAS-303K
あなた

ペットの臭いが気になるけど、消臭グッズってメーカー・種類が沢山あって迷うなぁ…どうやって選べばいいんだろう?

僕はプラズィオンのDAS-303Rを持っていますが、購入するまでに検討に検討を重ねました。

そんな僕の購入候補に挙がったのはこの6つの製品。

\僕の購入候補!クリックで製品詳細に飛べるよ/

各製品の特長・メリット・デメリットをまとめて、質問形式であなたにぴったりな脱臭機を選べるようにしました!

  • 本記事の信頼性
ひろプロフィール
目次

ペット用脱臭機・消臭剤の選び方

人それぞれライフスタイルや予算によって、合うものは変わってくるので、いくつか質問に答えてもらい、あなたにぴったりな消臭グッズを提案します!

消臭剤はコストの低さがダントツ!

フクロモモンガ 臭い対策 ACplus

消臭剤のなかでもおすすめしたいのが消臭除菌剤 ACplus

臭い分子を化学的に分解する機能があります。

フクロモモンガの臭いに対する効果の高さも検証済み。

臭い分析計で測定した結果はこの記事に詳しくまとめています。

ACplusのメリット・デメリット

  • コンパクト
  • 初期投資コストが低い
  • 寿命が短い(数カ月単位で買い替え必要)
  • エアコンやサーキュレーターの風下に置く必要がある
  • 部屋の広さによって効果が変わりやすい
ひろ

お手頃価格だからまずは一度試してみるのもあり!

ジアイーノは消臭効果ピカイチ!

ジアイーノは吸入した空気を本体内の次亜塩素酸水溶液で洗浄し、排出した空気と共に次亜塩素酸を放出して空間丸ごと除菌消臭する仕組み。

ペット臭に高い効果があると評判です。

ジアイーノのメリット・デメリット

  • 適用畳数ごとにラインナップが多い
  • 化学に裏付けされた高い消臭力
  • 購入コストが高い(約10万円)
  • 維持コストも高い(年間8000円以上)
  • 毎日・毎週するメンテナンスがある
ひろ

お金に余裕があってマメな人ならいいかも!

プラズマクラスターはすっきりコンパクト!

プラズマクラスターは光触媒とプラズマクラスターNEXT(オゾン)で空気を洗浄・除菌します。

価格は約2万円とジアイーノより求めやすい価格で、コンパクトな見た目が素敵です。

プラズマクラスターのメリット・デメリット

  • コンパクトで置きやすい(奥行23.3x幅23.3x高さ57cm)
  • 軽量で持ち運びやすい(3.9kg)
  • 2年に1回部品交換が必要
  • 作動音が大きい(ファミレス店内の騒音レベル)
ひろ

見た目のスッキリさはプラズマクラスターが優勝!

プラズィオンDAS-15Rはお手入れ簡単

脱臭機の王道・プラズィオンシリーズで一番コンパクトなDAS-15R

小さくても効果は抜群です。

同じプラズィオンシリーズの脱臭機の効果を検証しました

プラズィオンDAS-15Rのメリット。デメリット

  • コンパクトで置きやすい(奥行17.4x幅17.8x高さ28.2cm)
  • フィルター交換不要!手入れする部品が2カ所のみ
  • コスパ・機能性・静音性も◎
  • 適用畳数が10畳以下なので広い部屋にはNG
ひろ

10畳以下の部屋で使うならDAS-15R断然おすすめ!

プラズィオンHDS-302Rはシンプル機能で広い部屋もOK

HDS-302RDAS-15Rと同様、お手入れ箇所が少なくシンプルな構造です。

適用畳数も20畳まで、と広いので汎用性が高いですね。

プラズィオンHDS-302Rのメリット・デメリット

  • コスパ・機能性・静音性も◎
  • フィルター交換不要!手入れする部品が2カ所のみ
  • 10畳以上の広い部屋でもOK
  • 加湿・除菌機能はない

プラズィオンDAS-303Rは高コスパ!バランスのいい商品設計

プラズィオンの中で最上位モデルであるDAS-303Rは、約3万円と比較的安価にもかかわらず、高い脱臭力と加湿・除菌機能までついたモデルです。

僕はDAS-303Rの旧型303Kを購入しました。

その効果については専用のニオイ測定器を使って、定量的に実証済みです!

プラズィオンDAS-303Rのメリット・デメリット

  • コスパ・機能性・静音性も◎
  • 加湿・除菌機能もついている
  • 重い!(6.2kg)

脱臭機・消臭剤の特徴と選び方まとめ

今回は僕がフクロモモンガの臭い対策を目的として検討した、6つの脱臭機・消臭剤の特徴をまとめてきました。

僕が購入したのはプラズィオンのDAS-303Rですが、使う部屋の広さやライフスタイル、予算感でも選び方は変わってきます。

この記事が皆さんの脱臭機選びの参考になれば嬉しいです。

それでは、良いフクモモライフをー!

お問合せはこちら

フクモモ飼育に関する質問ありましたら、下記のお問合せからご連絡ください。

もえひろ夫婦へのお問合わせ

  • いち飼育者としての個人的な見解をお答えします。あくまでご参考まで。
  • 回答に時間がかかる場合もあります。ご了承ください。
  • TwitterのDMでも対応可能です。(@30fukumomo)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次